HOME アクセス お問い合わせ サイトマップ リンク
特定非営利活動法人 日本クリニクラウン協会
クリニクラウンとは協会の概要活動内容支援の方法お問い合わせ資料館
 
 
 

クリニクラウンエントリーシート GENKI サポート インターネットクリニクラウン RED NOSE DAY H2Oサンタ Orgabits すまいる 日本財団 27の絆 ギブワン
理事長挨拶
近年の医学・医療の進歩のおかげで、不治の病とされてきた小児がんも7割は治せる時代になりました。しかしこのすばらしい成果を得るために大きな犠牲をご家族や患児に強いてきたことも事実であります。これからは、子どもたちの将来を見据えた、QOL重視のトータルケアの実現を、医師、看護師、教師、福祉行政、弁護士、患者家族、ボランテイアなど闘病中の子どもたちやご家族に関係するあらゆる職種の専門家が、「学んで遊んで治す」ための方策について議論を深める必要があります。

初めてオランダのクリニクラウンに出会ったのが2004年でした。2005年に、日本クリニクラウン協会が産声をあげ、今や医療の中に笑いやユーモアが取り入れられるのは先進諸国の医療実践ではごく当たり前の風景になっています。
クリニクラウンは医療関係者でもなければ教育者でもありません。理屈抜きで子どもの友達、味方です。自由を奪われ、落ち込んでいる子どもたちから、子どもらしさや好奇心を引き出し、取り戻してくれる特効薬的存在です。

入院中にこどもたちのいっぱいの笑顔を見ることができれば、大きい笑い声を聞くことができれば、闘病生活でストレスのたまっているご家族や、まわりの医療スタッフも大いに癒されることでしょう。

これからの小児病院(小児科)にはクリニクラウンが不可欠な存在として、立派に成長し日本の社会に定着することを願っています。皆様方のご支援をよろしくお願いします。
 
 
協会の概要
特定非営利活動法人 日本クリニクラウン協会は、クリニクラウン(臨床道化師)を小児病棟に派遣し、入院している子どもたちが、子ども本来の生きる力を取り戻し、笑顔になれる環境をつくるために2005年より活動しています。
日本の病院において、クラウンが定期的に訪問し活動していると実例は少ないのが現状です。2004年、オランダ総領事館文化プログラムとしてオランダにおけるクリ二クラウンの活動が日本に初めて紹介されました。その後、クリ二クラウンオランダ財団(CCNL)と提携し、日本人の道化師や医師、看護師、病院関係者や家族など発起人となり任意団体の日本クリニクラウン協会を設立しました。2005年10月、NPO法人になり、子どもが中心であるという理念のもと、日本で唯一クリ二クラウンの養成、認定、派遣、啓発活動を行う組織として活動を行なっています。

クリニクラウンとは「病院」を意味する「クリニック」と「道化師」を意味する「クラウン」を合わせた造語です。クリニクラウンは入院生活を過ごす子どもの病室を定期的に訪問し、遊びとユーモアを届け、子どもたちの笑顔を育む道化師のことです。病気の治療のためにさまざまな制限の中で入院生活をしている子どもたちが思いきり笑い、主体的に遊ぶことのできる環境をつくること、それがクリニクラウンの役割です。

また協会発足年である2004年より、クリニクラウンの先進国であるクリニクラウン・オランダ財団と提携関係を結んでいます。
 
 
日本クリニクラウン協会スタッフ
役 員
理事長 河 敬世 (かわ けいせい)
日本赤十字社近畿ブロック血液センター 顧問
大阪府立母子保健総合医療センター 顧問<血液腫瘍科>
副理事長 連 利博 (むらじ としひろ)
茨城県立こども病院 副院長
理事 森下 左文 (もりした さふみ)
理事 高田 佳子 (たかだ よしこ)
理事 大川 洋二 (おおかわ ひろじ)
大川こども&内科クリニック 院長
理事 ヨルン・ボクホベン
理事 上吹越 美枝(かみひごし よしえ)
理事 石井 裕子 (いしい ひろこ)
理事 井上 哲浩 (いのうえ あきひろ)
監事 加藤 仁義 (かとう ひとよし)
監事 榎本 靖代 (えのもと やすよ)


スタッフ
事務局長 上吹越 美枝(かみひごし よしえ)
事務局長補佐 月和光 (たかつき かずみつ)
事務局長補佐 熊谷 恵利子 (くまがい えりこ)
事務局スタッフ 新名 太郎 (にいな たろう)
事務局スタッフ 山田 ゆかり (やまだ ゆかり)
事務局スタッフ 石井 泰雄 (いしい ひろお)
クリニクラウン
トレーナー
石井 裕子 (いしい ひろこ)
 
 
日本クリニクラウン協会の歩み
2004年  1月 オランダ総領事館主催 「クリニクラウンワークショップ&講演会」開催
12月 クリニクラウン協会設立準備委員会発足
2005年 4月 クリニクラウンオランダ財団トレーナー研修
日本クリニクラウン協会発足
5月 後藤英司理事長就任(2005年5月〜2010年5月)
設立当初の役員 後藤英司、連利博、山崎隆道、森下左文、高田佳子、塚原成幸、河敬世、加藤仁義
6月 事務所開設
7月 第1回クリニクラウンオーディション(選考会)開催(以降順次開催)
8月 クリニクラウン養成事業開始(以降随時開催)
10月 特定非営利活動法人 日本クリニクラウン協会として法人認証をうける(10月19日)
11月 クリニクラウン派遣事業開始(クリニクラウンの定期訪問がスタート)
2006年 3月 第1回クリニクラウン認定試験の実施(以降順次開催)
9月 クリニクラウンフェスティバル開催(9/2)
2007年 5月 クリニクラウンオランダ財団でのスキルアップ研修(5/7〜5/13)
9月 インターネットクリニクラウン for children 事業開始(2007年〜2009年)
クリニクラウンフェスティバル開催(9/1)
2周年活動報告会&交流会(9/2)
2008年 8月 クリニクラウンフェスティバル(8/30)
「臨床道化師フォーラム2008」開催(8/31)
2009年 2月 クリニクラウンオランダ財団理事長、アーティスティックリーダー来日(2/8〜2/14)
8月 チャリティイベント「RED NOSE DAY〜1万人の笑顔大作戦〜」(8/7)を開催
「臨床道化師フォーラム2009」開催(8/23)
2010年 2月 クリニクラウン写真展「瞬間を生きる子どもたち」開催(2/6〜2/7)
5月 河 敬世 理事長就任(2015年5月〜)
8月 チャリティイベント「RED NOSE DAY〜1万人の笑顔大作戦〜」(8/7)を開催
10月 NPO法人設立5周年記念事業「臨床道化師フォーラム2010」開催(10/17)
クリニクラウン写真展「瞬間を生きるこどもたち」開催(10/17)
書籍「『こども時間』を届ける臨床道化師」出版(10/19)
2011年 4月 東日本大震災への援助活動としてクリニクラウン特別派遣開始(2011〜2012)
※2013年からはクリニクラウン東北支援事業と名称を変更して実施している
8月 チャリティイベント「RED NOSE DAY〜1万人の笑顔大作戦〜」(8/7)を開催
10月 「臨床道化師フォーラム2011」開催(10/16)
2012年 8月 チャリティイベント「RED NOSE DAY〜1万人の笑顔大作戦〜」(8/7)を開催
9月 クリニクラウン特別派遣報告2011「すべてのこどもにこども時間を」発行
2013年 2月 「臨床道化師フォーラム2012」開催(2/10)
4月 クリニクラウン東北支援事業遣開始(2013〜)
※2013年からクリニクラウン特別派遣より名称変更
8月 チャリティイベント「RED NOSE DAY〜1万人の笑顔大作戦〜」(8/7)を開催
2014年 2月 「臨床道化師フォーラム2013」開催(2/10)
8月 チャリティイベント「RED NOSE DAY〜1万人の笑顔大作戦〜」(8/7)を開催
2015年 6月 クリニクラウンアジア親善訪問実施(タイ 6/23〜6/30)
8月 チャリティイベント「RED NOSE DAY〜1万人の笑顔大作戦〜」(8/7)を開催
9月 クリニクラウンアジア親善訪問実施(韓国 9/21〜9/24)
10月 クリニクラウンオランダ財団への視察研修(オランダ 10/10〜10/18)
2016年 3月 法人設立10周年を祝う会開催(3/12)
法人設立10周年記念冊子発行
7月 クリニクラウン熊本支援事業開始(2016年〜)


 
 
 
  このページのTOPへ
 
HOME  アクセス  お問い合わせ  サイトマップ  プライバシーポリシー  リンク
日本クリニクラウン協会のホームページに掲載されている記事、写真、画像を無断転載・転用・引用を禁じます
CliniClowns Copyright (c) 2009 日本クリニクラウン協会. All Rights Reserved