HOME アクセス お問い合わせ サイトマップ リンク
特定非営利活動法人 日本クリニクラウン協会
クリニクラウンとは協会の概要活動内容支援の方法お問い合わせ資料館
 
 

クリニクラウンエントリーシート GENKI サポート インターネットクリニクラウン RED NOSE DAY H2Oサンタ Orgabits すまいる 日本財団 27の絆 ギブワン
Clinical Voice 〜病棟からのメッセージ〜

訪問病院の医療スタッフの声を集めて紹介します。

 
●医師のこえ-1

「クリニクラウン特別派遣を受けて」

東北大学病院には2009年から年1回、がんの子供を守る会・宮城県支部のご支援によってクリニクラウンに訪問して頂くようになり、今年も訪問が決まって日程調整を始めていました。東日本大震災が起こったのは、そんな矢先でした。

その時、私は病室に居ました。1分を超えても揺れがおさまらず、これは普通の地震ではないと感じました。数分してようやく揺れが収まって飛び出すと、廊下の角では小学校低学年の男の子がうずくまってブルブル震え、立てなくなっていました。個室の患者も皆、不安そうに廊下に出てきました。すぐに、病棟の被害が大きく無い事がわかってホッとしましたが、患者たちは皆、薄暗く寒い病棟で一様に不安そうにしており、私たちは繰り返す余震の度に病室を巡回して様子を伺いました。ワンセグ放送から6m級の津波が迫っているという冗談のようなニュースが聞こえて、これは大変な事になったと感じました。しかし実際にはそれを遥かに上回る巨大津波が沿岸の多くの町を襲ったことになります。夕方になると沿岸の平野地区で何百人もの遺体が発見されたというニュース速報が流れました。まるで映画のようで、現実感が遠のいていきました。しかしこれは紛れもない、現実での出来事でした。

我々の病棟に入院中の患者では幸い、地震・津波の直接の被害により家や家族を喪った方はいませんでした。沿岸部の激甚被災地において、命や家を喪った多くの方たちの事を思うと、我々が受けた被害や不便というのは、本当に些細なものです。しかし小児がんという特殊な疾患を多く扱う病棟で、震災によってどのような影響があったか、記そうと思います。

ライフラインや交通物流網の遮断による直接の影響としては、暖房・食事の制限や薬品不足がありました。特に抗がん剤は抗生物質や補液等の基本薬品に比べて後回しになり、化学療法が予定されていた全ての小児がん患者で1?2週間の治療延期が生じ、ご家族のご心配はどんなに大きかったかと思います。直近に造血幹細胞移植が予定されていた一部の患者は、施設設備の問題で移植自体が不可能となり他県の病院に紹介しました。またガソリン不足もあり家族の面会や外泊のチャンスが減りました。暖房も付かない病室に防寒具を羽織って閉じこもり、患者も家族もストレスが最高潮に溜まっていました。

日本クリニクラウン協会からご連絡を頂いたのは震災後の早い時期でした。お見舞いのメールを頂き、私は震災後の現状をお伝えしました。すると、翌日すぐに『子供の成長をサポートするNPOとして出来る事を考え、被災地を中心とする小児医療施設へのクリニクラウン特別派遣を決定しました。』と、熱いお返事が!まだ新幹線も復旧しない4月中旬に、夜行バスで仙台に乗り込んで来たクリニクラウンに会った時には、涙が出そうになりました。

ほとんどの子供たちは、クリニクラウン初体験でした。ハーモニカを鳴らしながら行進するクリニクラウンを見て、引っ込み思案な東北の子供たちは、遠巻きにおそるおそる様子を伺っていました。2人ペアのクリニクラウン、彼らの軽快な掛け合いに目を奪われ、知らず知らず子供たちは距離を縮めます。そして自然に遊びの輪に巻き込まれ、目を輝かせます。その光景を見て嬉しくなる家族、スタッフ。子供たちは自分の部屋を出て廊下へ、隣の部屋へ、クリニクラウンを追っていき、笑顔の連鎖は病棟全体に広がりました。震災後の鬱々とした空気を、クリニクラウンはあっという間に吹き飛ばしてくれました。

半年?1年ほどの入院生活を送る小児がんの子供たち。クリニクラウンの訪問は、定期訪問という形で真価を発揮します。4月には初めてクリニクラウンに出会った子供たちも、毎月訪問を受ける度に、また来たの!?という反応をするようになりました。こうなると、病棟がクリニクラウンのワールドに染まるのもあっという間です。新しく入院してきた子供も、他の子が遊んでいるのを見て、自然に輪に加わります。時に我々医療スタッフも、そこに運悪く(!?)居合わせると遊びに巻き込まれ、そんな様子を見てまた、子供たちが喜びます。クリニクラウンが帰った後も、病棟にはほんわかした空気が残り、今日こんな事したんだよ、と子供たちが報告してくれたりします。震災後の多岐にわたる精神的・物理的ストレス満載の生活の中、病棟の全員がクリニクラウンに元気をもらいました。

多くの方々からの暖かい支援のおかげで、この特別派遣が実現しました。日本クリニクラウン協会ならびに、ご支援頂いた方々に心より感謝致します。この元気を沿岸部の町にも届けられたら、というのが私の願いでしたが、先日、岩手県立大船渡病院への訪問が実現したと聞き、本当に嬉しく思います。クリニクラウンがもたらす笑顔の輪が、ますます多くの病院の子供たちに広がるよう願ってやみません。

東北大学病院
小児科医師 新妻秀剛
 
 
 
●医師のこえ-2

医療現場におけるクリニクラウンの可能性

日本大学医学部附属板橋病院小児病棟には、2006年6 月からクリニクラウンの方々に訪問していただいております。当初、私は、「クリニクラウン」という言葉は知っていましたが、実際、病棟内でどのような活動をするのだろうと、私を含め保育士や看護師は、期待半分、心配半分でした。しかし、この心配は、私たちの取り越し苦労に終わり、初回からクリニクラウンの訪問を受けた子供達は、眼を輝かせ、笑顔で楽しんでいました。

「笑い」は、周囲を和ませたり、笑っている本人は、安らぎとか安心を感じたりします。笑いでリラックスすると自律神経の働きが安定して、血中酸素濃度も増加するため、ストレスを大幅に減少させることができるそうです。また、大脳辺縁系を刺激し、β(ベータ)エンドルフィン(内因性モルヒネ様物質で、脳内ホルモンとか幸福ホルモンとも呼ばれている)の分泌が促進されます。また、リンパ球の増加により免疫能の上昇などがみられると言われております。しかも、笑いは、A―10神経(快感神経)を刺激し、脳波でα波が増え、情緒が安定し感情が豊かにする作用もあります。笑いでストレスを発散し、ときめき、感動することでNK(ナチュラルキラー)細胞というリンパ球に影響し免疫力を高め、細菌・ウィルス・がん細胞を排除するという医学的な効果に関しても証明されています。このように「笑い」は、医学的に、さまざまな良い作用がヒトに起こるようです。

長期に入院している小児がんの患児達は、病気によっては、6か月から12か月間も入院し、 苦い薬の内服や 吐き気のある薬の点滴を受けるなどのつらい治療を受けています。1歳前後の小さい乳幼児達は、クリニクラウンの突然の訪問を受けると急に泣き出してしまう事がありますが、慣れてくると笑顔をみせてくれたりします。子供達は、我々、大人とは異なって、素直で正直なので、嬉しいときは笑顔をみせてくれ、嫌なときは、不機嫌になり、泣き顔になったりします。長期に入院している患児で、病室をクリニクラウンが訪問した後も、病室から楽しそうな顔をだしてクリニクラウンの姿を追っている光景を良く見かけます。

長期に付き添いをしているお母さんもクリニクラウンから笑いをもらい、自分達の子供がニコニコしている笑顔をみると心が和み、疲れも吹き飛んでしまうのではないかと思います。患児の笑顔や付き添っているお母さん達の笑顔を見かけると、我々、医療スッタフも大学病院での常に緊張している医療の中で、ほっと、一息をつける瞬間があり、お互いのコミュニケーションも良好になり良い関係を保てるようになると思います。

これからもクリニクラウンをめざしてくれる方が増え、全国の多くの病院に入院している子供達、付き添いのお母さん達、医療スッタフに素敵な「笑い」のプレゼントを贈っていただければと希望します。

日本大学医学部附属板橋病院
小児科 病棟医長 陳基明
 
 
 
●医師のこえ-3
医学・医療の進歩で不治の病であった小児がんの7割は治せる時代になりました。しかしこのすばらしい成果を得るために大きな犠牲をご家族や患児に強いてきたことも事実であります。

これからは、子どもたちの将来を見据えた、QOL(クオリティ・オブ・ライフ)重視のトータルケアの実現を、医師、看護師、教師、福祉行政、弁護士、患者家族、ボランティアなど闘病中の子どもたちやご家族に関係するあらゆる職種の専門家が、「学んで遊んで治す」ための方策について議論を深める必要があります。

医療の中に笑いやユーモアが取り入れられるのは先進諸国ではごく当たり前の風景になっています。クリニクラウンは医療関係者でもなければ教育者でもありません。理屈抜きで子どもの友達、味方です。自由を奪われ、落ち込んでいる子どもたちから、子どもらしさや好奇心を引き出し、取り戻してくれる特効薬的存在です。

入院中に子どもたちのいっぱいの笑顔を見ることができれば、大きい笑い声を聞くことができれば、闘病生活でストレスのたまっているご家族や、まわりの医療スタッフも大いに癒されることでしょう。

これからの小児病院(小児科)にはクリニクラウンが不可欠な存在として、立派に成長し日本の社会に定着することを願っています。

皆様方のご支援をよろしくお願いします。

大阪府立母子保健総合
医療センター
前病院長 河 敬世
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

  このページのTOPへ
 
HOME  アクセス  お問い合わせ  サイトマップ  プライバシーポリシー  リンク
日本クリニクラウン協会のホームページに掲載されている記事、写真、画像を無断転載・転用・引用を禁じます
CliniClowns Copyright (c) 2009 日本クリニクラウン協会. All Rights Reserved
 
メールでのお問い合わせ