HOME アクセス お問い合わせ サイトマップ リンク
特定非営利活動法人 日本クリニクラウン協会
クリニクラウンとは協会の概要活動内容支援の方法お問い合わせ資料館
 
 

クリニクラウンエントリーシート レッドノーズ・スマイル・スタンド ガチャガチャ募金について インターネットクリニクラウン RED NOSE DAY H2Oサンタ Orgabits すまいる 日本財団 27の絆 ギブワン 献血推進キャンペーン
保険クリニック
プロサッカー選手 橋本英郎選手からの応援!!
“27の絆 プロジェクト”
プロサッカー選手の橋本英郎選手は、2010年から当協会の活動に賛同くださり、橋本選手の公式ホームページにて、チャリティを企画していただいております。

橋本選手の背番号にちなんだ「27」をデザインしたオリジナルネックレスの収益を、日本クリニクラウン協会へ寄付してくださったり、チャリティヨガを実施したりなど、クリニクラウンの活動を応援くださっています。



詳しくはこちらをご覧ください
http://pakila.jp/hashimoto/special/

チャリティを企画してくださったのは、入院中の子どもたちを応援したいという気持ち。

そして、クリニクラウンに出会った子どもが、自然と笑顔になれたら、それは家族にとっても本当にうれしいことであり、家族の笑顔につながるはずだという思いからだと話してくださいました。
橋本選手自身が親という立場になって、いろいろ考えたこと。サッカー選手としてずっと心に秘めていたチャリティをしたいという気持ち。

そして、子どもたちの笑顔というのは、親にとってもかけがえのないものだからこそ、家族への支援にもつながるクリニクラウンの活動を応援しようと思ったと語ってくださいました。

橋本選手自身も協会を応援したいという気持ちで、1試合フル出場できたら1万円を寄付するという目標をたててくださっており、今後も、背番号にちなんだ「27の絆」という形で、チャリティ活動を続けていきたいと、力強く話してくださいました。

人と人との「つながり」「絆」を大切にしている橋本選手の気持ちや真剣に入院中の子どもたちやご家族のことを考えて応援してくださっていることが伝わってきました。

チャリティにご協力くださったみなさま、そして橋本選手からの気持ちを胸に、入院中の子どもたちに「こども時間」を届けていきたいと思います。ありがとうございました。

橋本英郎公式サイト
http://pakila.jp/hashimoto/
 
 
橋本英郎選手がクリニクラウンアンバサダーに就任

2018年5月
プロサッカー選手の橋本英郎選手が、クリニクラウンアンバサダーに任命されました!

橋本選手のクリニクラウンの活動をもっと多くの人たちに伝え、支援の輪を広げていきたいという想いを受け、日本クリニクラウン協会は、これからも橋本選手と一緒に、活動を多くの人に伝えていきたいと思います。



27の絆 プロジェクト 贈呈式&支援報告

2018年8月贈呈式(日本大学医学部附属板橋病院)

2018年8月に、東京ヴェルディの橋本選手がクラウドファンディング「病気と闘う親子を笑顔に!東京でチャリティーイベントを開催」の贈呈式に日本大学医学部附属板橋病院に来てくださいました。
東京ヴェルディの橋本英郎選手と柴崎貴広選手とチャリティヨガで大変お世話になった澤先生が参加してくださり、病院のスタッフや入院中のこどもたちや保護者の方も参加してくださいました!

また、東京ヴェルディのホームタウンである日本大学医学部附属板橋病院の小児病棟へ、ユニホームをプレゼントしていただきました。

協会からは、感謝の気持ちを込めて、感謝状を贈らせていただきました。
みなさまからいただいた寄付金のおかげで日本大学医学部附属板橋病院への訪問回数を増やすことができ、今年度は月1回訪問することができます。本当にありがとうございました。

27の絆プロジェクト報告(2017年度寄付金使途報告)

橋本選手からの寄付金は背番号にちなんだ 「27の絆プロジェクト」として、クリニクラウンの派遣費に活用させていただいています。
いただいた寄付金は、2017年度クリニクラウンの派遣費として、クリニクラウンの訪問先病院47病院のうち、6都道府県にある7病院(大阪府、京都府、東京都、千葉県、茨城県、熊本県)、7回のクリニクラウンの訪問の費用に充当させていただきました。



2017年12月贈呈式(2017年度)
2017年12月に、橋本選手が27の絆プロジェクトの寄付金の贈呈式にきてくださいました。
橋本選手と一緒にチャリティヨガを開催いただいているyogastudioプチグレイン 代表 の岡田先生も一緒にきてくださりました。感謝の気持ちを込めて、理事長から感謝状を贈らせていただきました。

27の絆プロジェクト報告(2016年度寄付金使途報告)

橋本選手からの寄付金は背番号にちなんだ 27の絆プロジェクトとして、クリニクラウンの派遣費に活用させていただいています。
いただいた寄付金は、2016年度クリニクラウンの派遣費として、クリニクラウンの訪問先病院44病院のうち、5都道府県にある7病院(大阪府、京都府、東京都、千葉県、茨城県)、7回のクリニクラウンの訪問の費用に充当させていただきました。



2017年1月贈呈式(2016年度)
2017年1月に、橋本選手が27の絆プロジェクトの寄付金の贈呈式にきてくださいました。
感謝の気持ちを込めて、理事の石井、そしてクリニクラウンから感謝状を贈らせていただきました。

27の絆プロジェクト報告(2015年度寄付金使途報告)

橋本選手からの寄付金は背番号にちなんだ 27の絆プロジェクトとして、クリニクラウンの派遣費に活用させていただいています。
いただいた寄付金は、2015年度クリニクラウンの派遣費として、クリニクラウンの訪問先病院34病院のうち、3都道府県にある4病院(大阪府、京都府、東京都)、4回のクリニクラウンの訪問の費用に充当させていただきました。



2016年2月贈呈式(2015年度)
2016年2月に、橋本選手が27の絆プロジェクトの寄付金の贈呈式にきてくださりました。
長年にわたり当協会の活動を応援くださっており、感謝の気持ちを込めて、感謝状を贈らせていただきました。

27の絆プロジェクト報告(2014年度寄付金使途報告)

橋本選手からの寄付金は背番号にちなんだ 27の絆プロジェクトとして、クリニクラウンの派遣費に活用させていただいています。
いただいた寄付金は、2014年度クリニクラウンの派遣費として、クリニクラウンの訪問先病院33病院のうち、3都道府県にある8病院(大阪府、京都府、香川県、東京都)、8回のクリニクラウンの訪問の費用に充当させていただきました。



2015年1月贈呈式(2014年度)
2015年1月に、橋本選手が27の絆プロジェクトの寄付金の贈呈式にきてくださいました。
長年にわたり当協会の活動を応援くださっており、感謝の気持ちを込めて、感謝状を贈らせていただきました。

27の絆プロジェクト報告(2013年度寄付金使途報告)

橋本選手からの寄付金は背番号にちなんだ 27の絆プロジェクトとして、クリニクラウンの派遣費に活用させていただいています。
いただいた寄付金は、2013年度クリニクラウンの派遣費として、クリニクラウンの訪問先病院33病院のうち、7都道府県にある10病院(大阪府、京都府、岡山県、香川県、静岡県、長野県、東京都)、11回のクリニクラウンの訪問の費用に充当させていただきました。

27の絆プロジェクト報告

橋本選手が2014年12月に、大阪赤十字病院小児病棟でのクリニクラウンの訪問の様子を見学されました。
当日は、小児病棟プレールームで贈呈式なども実施。橋本選手からはサイン入りのユニフォームの病棟にプレゼントしていただきました!



2014年1月 贈呈式 (2013年度)
2014年1月に、橋本選手が27の絆プロジェクトの寄付金の贈呈式にきてくださいました。
橋本選手は、2010年からクリニクラウンの活動を応援くださり、27の絆プロジェクトも5年目を迎えます。長年にわたり当協会の活動を応援くださっており、感謝の気持ちを込めて、感謝状を贈らせていただきました。

27の絆プロジェクト報告(2012年度寄付金充当)

橋本選手からの寄付金は背番号にちなんだ 27の絆プロジェクトとして、クリニクラウンの派遣費に活用させていただいています。
いただいた寄付金は、2012年度のクリニクラウンの派遣費として、クリニクラウンの訪問先病院33病院のうち、8都道府県にある10病院(大阪府、京都府、兵庫県、岡山県、香川県、静岡県、東京都、千葉県)、11回のクリニクラウンの訪問の費用に充当させていただきました。



2013年1月 贈呈式 (2012年度)
2013年1月に、橋本選手が27の絆プロジェクトの寄付金の贈呈式にきてくださいました。

クリニクラウン協会の事務局にて、27の絆プロジェクトの支援報告とともに、クリニクラウンの活動の様子などを話し、橋本選手も熱心に聞いてくださいました。

27の絆プロジェクト報告(2011年度寄付金充当)

いただいた寄付金は、2011年度のクリニクラウンの派遣費として、 クリニクラウンの訪問先病院35病院のうち、8都道府県にある11病院(大阪府、京都府、兵庫県、岡山県、香川県、静岡県、東京都、千葉県)、21回のクリニクラウンの訪問の費用に充当させていただきました。



2012年1月 贈呈式(2011年度)

2012年1月 橋本選手が27の絆プロジェクトの寄付金の贈呈式にきてくださいました。

27の絆プロジェクトの支援報告とともに、協会の行っている東日本大震災へのクリニクラウンの特別派遣についてや、クリニクラウンの活動の様子などを報告させていただきました。

27の絆プロジェクト報告(2010年度寄付金充当)

橋本選手からの寄付金は背番号にちなんだ 27の絆プロジェクトとして、クリニクラウンの派遣費に活用させていただいています。

いただいた寄付金は、2010年度のクリニクラウンの派遣費として、クリニクラウンの訪問先病院31病院のうち、8都道府県にある11病院(大阪府、京都府、兵庫県、岡山県、香川県、静岡県、東京都、千葉県)、21回のクリニクラウンの訪問の費用に充当させていただきました。



2011年1月 贈呈式(2010年度)

2011年1月、橋本選手が27の絆プロジェクトの寄付金の贈呈式にきてくださいました。

27の絆プロジェクトの支援報告とともに、協会の行っている東日本大震災へのクリニクラウンの特別派遣についてや、クリニクラウンの活動の様子などを報告させていただきました。
 
 
 
 
  このページのTOPへ
 
HOME  アクセス  お問い合わせ  サイトマップ  プライバシーポリシー  リンク
日本クリニクラウン協会のホームページに掲載されている記事、写真、画像を無断転載・転用・引用を禁じます
CliniClowns Copyright (c) 2009 日本クリニクラウン協会. All Rights Reserved